電子帳簿保存法

2021年12月8日 by Cedar

denchoho出展:国税庁

電子帳簿保存法が改正されました。

電子取引のものは、そのまま電子ファイルとして保存ということです。

もうちょっと身近なところでいうと領収書、レシートの類はスキャンして電子文書にした場合はタイムスタンプが必要とのこと。

タイムスタンプとは、ファイルシステムにあるファイルの更新日時ではなく、然るべき機関の発行する機能のことであり当然ながら費用がかかる。

領収証発行から最長約2か月と概ね7営業日以内にタイムスタンプを付けなければならない。

タイムスタンプが無いものは無効とされる。

WEB上にある領収書をプリントアウトしても控えにはなっても効力としてはないらしい。

「領収証は出しません、WEBで確認してください。」と言ってる会社はどのように発行してくれるのか。

電子文書で発行する側がタイムスタンプを付けてくれないと困るという声もあるらしい。

ペーパーレスを唄っているのに領収証の類が紙ベースになり、かえって増えるのではないかとの懸念もある。

いずれにせよ、税理士と相談しながらやっていくしかない。

経済センサス

2021年5月27日 by Cedar

P_20210526_172600

総務省・経産省の調査で市役所の職員の方が自転車で持ってきてくれました。

ご苦労様でございます。

回答用紙が入ってますが、コロナ禍なのでインターネットで回答してほしい旨が書かれています。

はい、コロナ禍でなくてもインターネットで回答しますよ。

本来ならメールで調査にご協力ください、URLはここです。で済むはずなのに回答してもらえなかったりするから人海戦術で回って、しかも提出しない用紙も配って、なんだか大変です。

Android Studio 4.2にアップデートしたら起動時エラー

2021年5月8日 by Cedar
Internal error. Please refer to https://code.google.com/p/android/issues
java.lang.VerifyError: Expecting a stack map frame
Exception Details:
Location:
com/intellij/openapi/util/text/StringUtil.pluralize(Ljava/lang/String;I)Ljava/lang/String; @7: nop
Reason:
Expected stackmap frame at this location.
Bytecode:
0000000: 2ab0 0000 a7ff fe00 bf00 00a7 fffe
Stackmap Table:
same_frame(@2)
same_frame(@9)
at com.intellij.util.io.URLUtil.splitJarUrl(URLUtil.java:144)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.extractRoot(PathManager.java:452)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.getResourceRoot(PathManager.java:421)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.getHomePathFor(PathManager.java:146)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.getHomePath(PathManager.java:103)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.getBinDirectories(PathManager.java:129)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.loadProperties(PathManager.java:474)
at com.intellij.idea.Main.bootstrap(Main.java:92)
at com.intellij.idea.Main.main(Main.java:82)
JRE 11.0.8+10-b944.6842174 amd64 by N/A
C:\Program Files\Android\Android Studio\jre

Internal error. Please refer to https://code.google.com/p/android/issues

java.lang.VerifyError: Expecting a stack map frame
Exception Details:
Location:
com/intellij/openapi/util/text/StringUtil.pluralize(Ljava/lang/String;I)Ljava/lang/String; @7: nop
Reason:
Expected stackmap frame at this location.
Bytecode:


at com.intellij.util.io.URLUtil.splitJarUrl(URLUtil.java:144)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.extractRoot(PathManager.java:452)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.getResourceRoot(PathManager.java:421)
at com.intellij.openapi.application.PathManager.getHomePathFor(PathManager.java:146)


----
JRE 11.0.8+10-b944.6842174 amd64 by N/A
C:\Program Files\Android\Android Studio\jre

AndroidアプリのTarget Versionを更新するためにAPK(AAB)ファイルを生成しているのだがAndroid Atudioの更新があったので4.2へアップクデートしたら立ち上がらなくなった。

別のパソコン(Android Studioがインストールされていない)で同様のインスールをしてみたが問題なく立ち上がったのでアップデータの問題ではなさそう。

多分環境だろうと思い、違いを考えた結果、日本語化していたかどうかにあたる。

ネットで検索するとpleiades-winが゜どうのこうのとか出てくるので、エラーは出たままだが4.2を日本語化することにした。(ダメ元)

見事、無事に日本語化されたAndroid Studio 4.2が起動した。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Google

の下にAndroidStudio4.2があり日本語化対象になるらしいのだが、それまでは古いフォルダが存在しており、ミスマッチしていて起動しなかったものと推測される。

謹賀新年

2021年1月5日 by Cedar

fuji2

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同、心よりお願い申し上げます。

fprintfとfputc

2020年10月26日 by Cedar

fprintf

fprintfがfputcよりも遥かに遅いということを今更ながらに知る。

普通に書くプログラムなら問題ないのだが、スピードを要求される事案だとfprintfがネックになってしまった。

バイナリをfputcで書く分には問題ないようだ。

冗長的な関数というのは時間がかかるものだと改めて実感。

組み込みではsprintfもたまに使ったりするが、こちらはもっとCPUが非力なので使用用途を考えねばならないと思った。

可読性をよくするために冗長的な書き方、言語を選択するのはいいのだが、まだまだ考えねばならんことはあるなぁ。


やったぁ日本一!おいっ!

2020年8月17日 by Cedar

PhotoGrid_1597642028970

我が浜松市が昨日に引き続き最高気温を叩き出しました。

https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2020/08/17/9406.html

社内も30℃を下回らず。

外の温度を測ってみましたが、なんと41℃!

コンピュータ屋ならデジタル温湿度センサーで測って、マイコンで取り込んで、サーバーへアップするぐらいやれよ!

ってとこでしょうが200℃まで測れるアナログの温度計で見てみました。

LAN通信ソフト

2020年8月12日 by Cedar

lan

TCP/IP、UDPの通信をVC++で作成。

今どきは、C#とか他言語で簡単に構築できるんだろうけど、C/C++というオーダーでVCに。

なかなか参考になる資料が無くて結構難儀したけど、とりあえず通信できる状態にはなった。

プライベート・ポートを使い、マルチスレッドで動かしてと、いい勉強になりました。

マイコン屋なんでphyチップから勉強してとも思うけどプロトコルスタックが大変と聞くのでなるべく簡単に使えるものを選びたい。

BLEやUSBもモジュール使ってる人が多くて、ドライバを自分で書いてる人は少ないし。

Linuxでの開発

2020年4月27日 by Cedar

VSCode

Linux(Ubuntu)で開発することになった。

日ごろからやっている方にとっては何でもないことなのだが

普段Windows遣いなため結構面倒。

で、まずC/C++開発のためgccをインストール。

デバック用にDGBもインストール。

さて問題はエディタ。

サクラエディタみたいのがあるといいんだけど試行錯誤した結果、Visual Stusio Codeにした。

(emacsだのAtomだの、いろいろと助言はいただいたが)

いろいろ追加でgccでのコンパイル、GDBでのデバッグが可能になるし、Visual Studioは使い慣れているので楽かなと。

まずは使ってみて、また考えよう。

電波時計

2020年2月21日 by Cedar

時計

電池が無くなって止まっていた弊社の電波時計。

電池交換し設定しなおしたんだけど正確な時刻を表示しない。

丸一日放っておいたんだけど、どうも電波を受信していないようだ。

12年間、時を刻んできてくれました。(まだ動いているけど)

来週、GPS電波時計がやってきます。

お疲れ様でした。m(_ _)m

LabView案件

2020年2月6日 by Cedar

r1_PICT1002

弊社はLabViewを使って検査装置の制御を行ったりもしています。

先日、あるお客様より緊急で対応をお願いしたいとご連絡をいただき行ってまいりました。

私共が製作したものではなく、仕様等も把握できぬまま現場へ直行。

状況を確認し、LabViewでの流れを追い、I/Fボードの交換やらいろいろと試し、何とか対応。

プログラムというのは他人が書いたものは、その意図するところがわからず困るものです。

今回は上手くいったと思うので良かったです。